【RIZIN】サトシ・ソウザがムサエフに“芸術的な三角絞め”で一本勝ち!涙のライト級王座戴冠

2021/06/13(Sun)UP

一本勝ちで王者になり、歓喜するサトシ(左)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.28』
2021年6月13日(日)東京ドーム

▼第8試合 RIZIN ライト級タイトルマッチ RIZIN MMAルール 71.0kg
●トフィック・ムサエフ(ORION FIGHT CLUB)
一本 1R 1分12秒 ※三角絞め
〇ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)

サトシの三角絞めがガッチリと極まる

 ムサエフは散打世界王者にも輝いた殺傷力あるパンチを武器に、2015年から現在14連勝中。RIZINでは19年のライト級トーナメントに参戦し、決勝でベラトールの強豪パトリッキー・“ピットブル”・フレイレを下し優勝を果たした。
その後はコロナ禍とともに、昨年9月に始まったアゼルバイジャンとアルメニアの紛争『ナゴルノ・カラバフ戦争』での徴兵により2020年はMMAを行っていない。

 対するサトシは数々の柔術大会で優勝を重ねた“柔術界の至宝”。こちらも19年のRIZINライト級トーナメントに参戦したが、1回戦でジョニー・ケースの打撃を左目に受けタップアウトで初黒星を喫した。しかし翌年8月に矢地祐介を1R TKOに下して再起を遂げ、今年3月には元パンクラス王者・徳留一樹に三角絞めで一本勝ちしている。

三角絞めが極まり、レフェリーが止めに入った瞬間

 両者による王座戦は昨年末の大晦日にも構想されたが、ムサエフが徴兵から戻ってこられずに流れており、満を持しての対戦となる。

 1R、サトシはすぐにタックルで向かい、これはムサエフが足を引き決めさせない。サトシはすぐに再度のタックルに出て、テイクダウンを仕掛けるが、ムサエフがまたこらえると、引き込んでグラウンドへ。するとすぐに三角絞めを仕掛け、腕十字を交えて最後は再び三角絞めで極め切り、ムサエフがタップ。サトシが王座奪取を果たした。

日本の国旗を背に、観客の声援に応えるサトシ

 勝利したサトシは涙ながらに周囲への感謝を語り、続けて「約束来たよ、RIZINのベルト戻ったよ!」と自身がRIZIN王座を日本に戻すと約束していたことに言及。
さらに亡くなった父に「お父さん見て、できたよ。ちょっと時間がかかったから今日一緒にいないけど、私の人生変わった、できたよ。ほんとにありがとう」と感謝をし、「みんな(朝倉)ミクル好きだけど、私の弟応援お願いします」と大会メインに出場する弟分のクレベル・コイケにエールを送った。

※全試合結果はこちら

イベント日程
≫イベント日程はこちら
Facebookもチェック