TOP > ニュース

【RIZIN】朝倉海、右手骨折も「大みそか出場します」手術の必要無し

2021/09/20(Mon)UP

朝倉海が右手の親指付け根を骨折、その周辺にもヒビ(朝倉海YouTubeサムネイルより)

 9月19日、『RIZIN.30』にてアラン“ヒロ”ヤマニハに判定勝利した朝倉海だが、試合後、YouTubeを更新し、1Rのどこかで右手を痛め、大きく腫れ上がっていると伝えた。
そして本日20日、昨日より腫れがひどく、病院に診察に行ったところ「試合中に右手を怪我して今日の朝、病院に行ってきました。結論から言うと骨折していました。一箇所骨折、一箇所ヒビが入っていた」と診断結果を報告した。

【フォト】怪我の原因!?朝倉の右拳がヤマニハの額に直撃するシーン、【動画】骨折を報告する朝倉海

骨折した経緯については「拳の膜があってここが最初破れて、そこから痛くなって、そこをかばいながら打ったパンチが親指に当たって、親指の付け根部分が折れました」と折れた親指の付け根を指差し、その横付近の骨にもヒビが入っていると指差した。

 まず、拳の筋膜が破れた怪我は予想としては1Rでヤマニハの額にヒット、またはボディに行った時、肘に拳が当たったように見えたが、その場面か。親指の怪我は親指がボディブローで肘などにぶつかったときに起こりやすい。

 しかし手術するほどの怪我には至らなかったという。「CTとレントゲンで見たら折れ方がそんなにひどくなくて、ヒビに近いような感じでズレたりはしていなかったので手術の必要はなく、固定すれば治るということで。期間も1ヶ月すれば治るのではと先生が言ってて。俺治るの早いし、3週間ぐらいで復活できるかなと。完全に。2週間ぐらいはしっかり安静にしてそれから練習できると思うんで」と来月(10月)初旬にも練習に復帰は可能となりそうだ。
そして「大みそかの準決勝は出場します」と宣言。
「大晦日は2試合あるということで結構大変な戦いになる。今回みたいな試合をしていられない。万全な状態で挑む」と意気込んだ。
動画では、そのほかに今回のバンタム級トーナメントで他の結果についても振り返っている。

▶︎次ページは【フォト】怪我の原因!?朝倉の右拳がヤマニハの額を直撃するシーン、【動画】骨折を報告する朝倉海

  • 1
  • 2
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > ニュース

イベント日程
≫イベント日程はこちら