【RIZIN】朝倉未来が判定勝利で1年越しリベンジ成功、宿敵・斎藤の顔面を大流血に

2021/12/31(Fri)UP

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.33』
2021年12月31日(金) さいたまスーパーアリーナ

▼第14試合 RIZIN MMAルール(66.0kg)5分3R
●斎藤裕(パラエストラ小岩)
判定0-3
○朝倉未来(トライフォース赤坂)

 両者は昨年11月のRIZINフェザー級王座決定戦で対戦し、打ち合いを繰り広げた末、斎藤が競り勝ち王座に就いた。朝倉はその後リベンジ戦を望んでいたが、1年が経ち再戦が組まれた。

 朝倉は6月、クレベル・コイケに一本負けを喫した後、10月萩原京平に勝利するも左足首靭帯損傷が伝えられている。一方、斎藤も今年10月にRIZINフェザー級王座の防衛戦を行うも牛久絢太郎に飛び膝蹴りで右眉をカットされてTKOで敗れ王座を手放した。今回はその再起戦となる。

 1R、斎藤はオーソドックス、朝倉はサウスポーで距離を取って立ち、朝倉が関節蹴りを飛ばす。斎藤がステップインして右パンチを振るうと、朝倉は左フックをカウンターで狙う。斎藤はタックルして胴をクラッチ、朝倉をコーナーまで運ぶが、朝倉はテイクダウンをこらえ、攻防が止まりレフェリーがブレークする。

 斎藤のインローが朝倉にローブローとなってしまいンターバルが取られるが再開し、斎藤が左フックを当て組みついて1R終了。

 2R、斎藤が踏み込むが朝倉はそこへヒザをカウンター。斎藤は前後にステップを踏み、ダッシュしてニータップで入り朝倉をテイクダウンする。だが朝倉はすぐ立ち上がり、コーナーを背にしてこらえテイクダウンに至らせずブレークを呼び込む。

 朝倉の左ボディフックに斎藤は左フックをカウンターで合わせ、斎藤に対し笑みを浮かべる。斎藤の左フックに朝倉は右ショートフックをカウンターで当て、続いての左フックを効かせ、さらに連打を追撃。斎藤はダメージから組みつくが、朝倉は逆に斎藤を組み倒す。鼻から出血の見られる斎藤はクローズガードを組み、2Rが終了となる。

 3R、両者ミドルキックを互いに入れる。そこからニータップで出た朝倉がテイクダウン。だが斎藤はコーナーを背にすぐ立ち上がり、体の位置を入れ替える。朝倉のヒザが下腹部をとらえ、斎藤にインターバルが与えられる。

 再開すると斎藤はタックルで組みに行くが、ロープの間から体が落ちそうになりリング中央に戻されて再開。

 左ミドル、左フックの朝倉に斎藤も左フックを当てる。片足タックルで組みついた斎藤だが朝倉はこらえ、斎藤が前に来たところにヒザをカウンターする。そして斎藤のタックルを受け止めてグラウンドに持ち込み、顔へのヒザで襲って試合を終える。終了のゴングが鳴りノーサイドとなった2人は抱擁して言葉を掛け合う。

 判定は3-0で朝倉。1年越しのリベンジを果たした。

 勝利した朝倉は毎日悪夢を見るぐらい重圧があったことを明かした上で勝利を喜び、「斎藤選手強いなって、死んでも負けたくないって気持ちで戦いました。練習からキツいことをやってきたので、強くなったのは斎藤選手のおかげですね」と対戦相手の斎藤に感謝。その上で「久々にこんな大勢の前で試合ができて幸せです。格闘技は素晴らしいってことをこれからも伝えていきたいのでお願いします」と語ってリングを降りた。

 ※全試合結果はこちら

こんな記事も読まれています
●新着情報
イベント日程
≫イベント日程はこちら