【ボクシング】井上、ダウン奪って二度目の防衛に成功

井上尚弥(左)が10戦10勝無敗、2度目の防衛に成功した

井上尚弥(左)が10戦10勝無敗、2度目の防衛に成功

▼WBOスーパーフライ級タイトルマッチ 3分12R
○井上尚弥(大橋ジム/WBO世界スーパーフライ級王者)
判定3-0 ※118-109、118-109、116-111
●ダビド・カルモナ(メキシコ/同級1位/挑戦者)

IMG_0825 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥が挑戦者に同級1位カルモナを迎えて2度目の防衛戦。カルモナは20勝(8KO)2敗5分の戦績を持ち、WBOラテンアメリカ・スーパーフライ級王座を保持していた(現在は返上)。

IMG_0923 1R、先に仕掛けたのは井上。スピードある左ジャブ連打から右ストレートをクリーンヒットさせカルモナを追い込む。終始プレッシャーを掛け続ける井上は5、6Rとラッシュを仕掛けカルモナを棒立ちにさせるものの、タフなカルモナは左ジャブ、右ストレートを返していく。

IMG_1211 12Rには、手数の落ちないカルモナに対し、ボディブロー連打で削り、一気にラッシュを仕掛けるとカルモナは力尽きたようにダウン。立ち上がった相手に井上が再びラッシュを仕掛けると、カルモナはサンドバック状態となったがここで終了のゴング。大差を付けて井上が判定勝ちし、これで10戦10勝無敗、2度目の防衛に成功した。「これからも勝ち進んで防衛して強い選手とやっていけるように精進していきたい。今日の試合をしているようではまだまだいえないが、海外に進出して色んな経験を積んで行きたい」とアピールした。

・試合結果=井上、八重樫、ダブル世界戦

●編集部オススメ記事
井上尚弥、計量クリアーでKO宣言「しっかり倒したい」
井上尚弥、V2戦テーマは「自然体」
井上の挑戦者カルモナ「リング上では何が起こるか分からない」
井上、破壊力で圧倒、2RTKOで初防衛
井上、KOで世界奪取やはりモンスターだ

イベント日程
≫イベント日程はこちら
Facebookもチェック