TOP > ニュース

【K-1】美女の顔が…菅原美優が流血も、腫れた顔で「この負けを無駄にしないよう強くなる」

2022/06/26(Sun)UP

敗戦も「成長できる1日になった」と話す菅原

昨日25日、「K-1 WORLD GP初代女子アトム級王座決定トーナメント・決勝戦」で惜しくも延長で2-1の判定負けを喫し王座を逃した菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)。
試合はムエタイWPMF世界女子ピン級王者パヤーフォン・アユタヤファイトジム(Ayothaya Fight Gym)と一進一退の展開だったが、相手の放ったバックブローで偶然、反則のヒジ部分が菅原の眉間を直撃。流血したため、応急手当し再開も本戦は引き分け、延長で勝利を逃した。
昨年は写真集「きゅんです」も発売し人気の彼女だが流血はファンもショック。計量では肉体改造したマッスル度を披露し、その努力が出ていたが結果はわずかな差だった。

【フォト】試合で流血する菅原、前日計量ではビキニで成長した筋肉と美ボディ披露

試合後の会見で菅原は腫れた顔で登場。
「残念な結果に終わってしまったんですけど、初めて外国の選手と試合したり、1日に2回試合をしたり、成長できる1日になりました。しっかり、この負けを無駄にしないように強くなります。押忍」と語る。

初代K-1 WORLD GP女子アトム級王者となったパヤーフォン。会見では笑顔

反省点は「気持ち入れすぎて突っ込んじゃった」という点、「気持ち出ても技術が無意識に出るような、そういう練習をしなくちゃいけないと思います」とし、「結果は変わらないので、落ち込んでもどうしようもないので、しっかり受け止めて強くなるための材料にしないと無駄になっちゃうので、またがんばります」と前を向いた。

菅原と激闘の末、ベルトを巻いたパヤーフォンは「菅原選手は背も高く、大きく感じたので思ったように試合運びができない部分はありました」と語るも「今、試合を終えてまだ興奮状態です。タイ人初のK-1女子王者になって、本当に嬉しいし光栄なことだと思っています」と笑顔。

惜しくも延長2-1の僅差でベルトを逃した菅原。最後にファンに向け「たくさんの応援ありがとうございました。これからもしっかり前を向いて、強くなれるように頑張ります」とメッセージを送った。

▶︎次のページは【フォト】試合で流血する菅原、前日計量ではビキニで成長した筋肉と美ボディ披露

  • 1
  • 2
●編集部オススメ
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > ニュース

イベント日程
≫イベント日程はこちら