TOP > ニュース

朝倉未来に敗北の”ゴマキ弟”後藤祐樹「もっと立っていたかった…」怪我の状況も報告

2021/11/21(Sun)UP

朝倉に投げられた後藤が下から必死に抵抗する(c)ABEMA

11月20日(土)の『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』で朝倉未来に挑戦した後藤祐樹(35)。わずか45秒でパンチとサッカーボールキックで沈められたが、挑戦者3名の中で最も長く戦い、必死の抵抗を見せ、テレビ解説陣からも評価も得た。しかし、顔の傷も最も大きかったのも事実だった。

【フォト】傷だらけの後藤の顔面、そして朝倉の容赦ない攻撃

後藤はキックボクシングのBigbangスーパーフェザー級王者の駿太や“所沢のタイソン”と呼ばれる久保広海にも指導を受け、朝倉への勝利に本気で取り組んでいた。
健闘はしたものの、右目は黒く腫れ、右目の下は切れて出血している。頬にも傷があり、アゴも腫れ出血している。服には血痕があった。

後藤は戦いの翌日となった本日21日に昨日の戦いや怪我のことをSNSで報告した。

後藤は周囲の協力者やこの企画の関係者などに感謝を述べ、「挑戦自体が誰がどう見ても無謀でしかありませんでした」と認めた上で
「しかし闘いを通じて人生の中で自分自身得るものが凄くありました。本音を言うともっと立って闘いたかったですが、プロの前ではそれすらも許されませんでした」と実力がとても届かなかったと語る。

「そして怪我も大事には至らずですので安心して下さい」と入院など大怪我には至らなかったようだ。
最後に戦った朝倉に「改めて偉大な方だと思いましたし男としてかっこよかったです。この度はありがとうございました」と感謝した。
この企画をプラスに後藤の今後の活躍にも期待したいところだ。

▶︎次のページは【フォト】傷だらけの後藤の顔面、そして朝倉の容赦ない攻撃

  • 1
  • 2
●編集部オススメ
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > ニュース

イベント日程
≫イベント日程はこちら